赤坂・赤坂見附・溜池山王 l 美容皮膚科の赤坂メディカルMクリニック

赤坂・赤坂見附・溜池山王 l 美容皮膚科の赤坂メディカルMクリニック
EPARK
赤坂・赤坂見附・溜池山王 l 美容皮膚科の赤坂メディカルMクリニック赤坂・赤坂見附・溜池山王 l 美容皮膚科の赤坂メディカルMクリニック
サイトマップ
TOP > 保険診療

ボトックス

にきび原因と種類

脂腺性毛包に皮脂が貯まり、詰まることによって面疱が形成され、ここに炎症が加わることによって赤にきび、白にきびになります。炎症の原因としてはp.acnes(アクネ菌)をはじめとする細菌感染です。炎症が強くなると、毛包外に波及し、瘢痕を残すので早めの治療が必要です。

保険での治療(保険診療)

内服療法 抗菌薬内服
ビタミン剤内服
漢方薬内服
外用療法 抗菌薬外用
レチノイド外用(ディフェリンゲル)

保険外での治療(自費診療)

>>保険外治療を詳しく見る

▲ページの先頭へ

アトピー性皮フ炎原因と種類

アトピー素因(アレルギー体質)に基づき、悪化と改善を繰り返す慢性湿疹、皮フ炎です。皮膚のバリア機能が先天的に弱く、後天的にいろいろな刺激を受けることで、湿疹、皮フ炎が形成されます。痒みが強く、掻いてしまうため余計に悪化する悪循環が起こります。

保険での治療(保険診療)

内服療法 抗アレルギー薬内服
外用療法 ステロイド外用(症状が強いとき)
タクロリムス外用(プロトピック軟膏)
その他 保湿(ワセリンなど)、スキンケア

▲ページの先頭へ

湿疹の原因と種類

外因性、内因性の原因が複雑に絡み合って形成されます。外からの刺激に対するアレルギーによって起こる接触性皮膚炎(かぶれ)、乾燥による皮脂欠乏性湿疹、真菌(かび)感染による湿疹、内科的疾患に伴う湿疹など原因は様々です。慢性化すると、皮膚が厚く、固くなり、色素沈着、色素脱失を残します。

保険での治療(保険診療)

内服療法 抗アレルギー薬内服
抗ヒスタミン薬内服(かゆみを抑える)
外用療法 ステロイド外用

▲ページの先頭へ

じんましんの原因と種類

食物、薬品、香料に対するアレルギー、細菌、ウイルス感染、物理的(日光、寒冷、温熱)などが考えられます。ストレスや不規則な生活、飲酒などによって増悪します。重症化するとアナフィラキシー症状(気道にも形成されるので呼吸困難などを伴う)が起こることがあります。
じんましんは慢性化する場合もあるのでお早目に治療することをお勧めいたします。

保険での治療(保険診療)

内服療法 抗アレルギー薬内服
抗ヒスタミン薬内服(かゆみを抑える)
注射療法 強力ミノファーゲン静脈注射

▲ページの先頭へ

水虫の原因と種類

白癬菌というかび(真菌)の感染によって起こります。湿った環境を好み、家庭やプール、温浴施設のスリッパ、足ふきマットなどから感染します。足の指の間から感染し、放置すると爪にも拡がります。真菌感染は、足白癬が最も多くみられますが、頭部など他部位にも発症します。

患部から皮膚をこすり取って、顕微鏡で見て診断します。

保険での治療(保険診療)

内服療法 抗真菌薬内服
外用療法 抗真菌薬外用

▲ページの先頭へ

やけどの原因と種類

火や熱湯など熱いものに触れて皮膚が傷つき、その深さなどによって1度から3度までに分類されます。

  • 1度
  • 浅達性2度
  • 深達性2度
  • 3度

保険での治療(保険診療)

  • 内服療法
  • 外用療法

▲ページの先頭へ

あせもの原因と種類

大量に汗をかく環境で、エクリン汗腺(全身に分布する、さらっとした汗を分泌する汗腺)が閉塞し、汗が貯まることで形成されます。乳幼児は汗腺が未発達であり、好発します。

保険での治療(保険診療)

外用療法 ステロイド外用
その他 スキンケア

▲ページの先頭へ

うおのめ・たこの原因

圧迫、摩擦などの刺激により、皮膚の一部の角質が肥厚したものです。たこは均一に肥厚しているため、症状はありません。うおのめは主に足底にでき、角質の中心が芯となって、真皮に刺さりこむようになっているため、圧したり、歩くと痛みがあります。

保険での治療(保険診療)

外用療法 サリチル酸外用薬
  • 切除治療


ページの先頭へ

TOP l 医師・クリニック紹介 l アクセス l 診療項目 l 料金 l プライバシーポリシー 

※当サイトの表示料金は全て税抜金額になります。

Copyright (c) 赤坂メディカルMクリニック All Rights reserved.
本サイトの内容を、無断で転用・複製することを禁止いたします。